サッカーとか

2010年11月22日

なごやんになりたいー優勝パレード見たいー

_DSC0560-2

闘莉王

やっちゃったね
念願の優勝

ピクシーの涙
夢みたいだ 

うれし涙をありがとう
 


cmiyagawa at 02:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月01日

サッカー観戦が良い季節になってきましたなぁー湘南vs名古屋とかどう?

_DSC0133

風向きが良い方向に行ってるのかな
 
土曜日の名古屋の試合
闘莉王のユニフォームを着た巻が
試合の後の挨拶でおおはしゃぎしてたっけ
 
スタンド観戦してた怪我の闘莉王も
グラウンドに出てきて喜んでたっけ
 
出れない選手のユニ着るのは
闘のお家芸だけど昨日は逆の立場にー

 
あと7試合を残して一位の名古屋
名古屋でプレイする闘莉王は
瑞穂で一度みたきり
 
TVで観戦してるうち
Jリーグが発足したころみたいに
いろんなチームのサッカーを観るようになった
 
一途だった浦和の応援をしてたころよりも
サッカー好きになったかもしれんね

 
いまではあの冬 あの最後の試合で
あれほど悲しい想いをしたのが
まるで魔法にかけられた夢だったように
いまはとても幸せを感じる
幸せすぎてこわいくらいだ(はは..
 
あぁ、消えないように
真摯に進まねばー
 
ことしもあと二ヶ月やなー


cmiyagawa at 02:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月17日

明るく元気にワイワイと昼飯食うサッカーユニな奴らに出会った

_DSC9900

サッカーユニを見ると
どうしても反応しちゃいますねー

元気なヤツらですっ。


「サッカー部の方々ですかー?」

「そうでーすっ!サッカー部の方々でーすっ!」


って返ってきた。



今日は久々Jリーグ
久しぶりの闘莉王ー
ぜったい勝つっ!


首都大学東京 南大沢キャンパスにて



cmiyagawa at 12:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月31日

勝ち点1になっちゃったけど、、、ザッケローニさんイイ感じじゃない?

20100828-_DSC8191

久々の埼スタ

今期はたったの二回目です。


浦和 vs 鹿島

12月の最終節、ここで
優勝トロフィーを掲げられたっけ。

 


あと一歩で勝ち点3のところを
あと数秒をこらえられずに
ロスタイムに同点ゴールを入れられた。


ハジメの代表選出、うれしかったな。
久しぶりに気持ちのよいポンテのゴール
歓びすぎてしまったかな。

この試合、勝ったら泣いちゃうかもよ?



こんなふうに思いながら
最後のホイッスルを待つ試合ってのは
勝てないことがけっこあるのです

闘も本のなかで云ってたけど、
最後の最後、完全に終わるまで
頂点にいっちゃダメだよね

勝ってもいないのに、
今夜のサッカーニュースのことなんて
考えちゃいけないんだよね、、


 
ようやく代表監督も決まり。
ザッケローニさん、
なんかよさそうですね。

お話上手だし、
なさけ深い表情も、

楽しみです。


 

cmiyagawa at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月25日

浦和のあべちゃん英語も上手くなって帰ってくるかな(笑)



あべちゃん
いよいよ海外(英)移籍決まりましたねー 
夢かなって、さらに夢の世界へ

阿部25日渡英、翌日にレスターと契約…
浦和(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース



今週末は今期二回目の埼スタ観戦
もしかすると見納めになるのかなー?

とか思ったら、今日には渡英ですかっ!


ジェフから移籍してきたころが
とてもなつかしいです。

しかし、
今期のチームの行方がますます...





cmiyagawa at 06:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月23日

優勝の夢が夢じゃないくらいになってきましたかねーシャっちゃん?

20100321-_DSC3985

サッカーとは不思議なものだ

前節0-4で大敗した後、
ガンバ相手にあっさりと勝ったりする

運が向く
風向きが変わる
流れ

いろいろな要素が入り交じり
勝敗を分ける



これで3試合のあいだ首位の名古屋。

ようやく「首位」という言葉を
口に出して言えるようになったかなー?

ゴール前での中盤のニアミスとか
無くなっていくと、
もっともっとスムーズになる気がする


あぁ、瑞穂行きたいですねぇ(わら)

闘が名古屋に移籍し、
Jが始まって半年。

ようやくアウェイ感が抜けてきました。
瑞穂陸上競技場もホームです。
 

cmiyagawa at 11:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月20日

新幹線の運賃がもっと安かったら、、やばいですね(笑)

20100321-_DSC4065

名古屋のブログパーツ
貼ってみました。

何の問題もなく
配置できたのでよかったです。

あっと云う間。
やはりサービスはこうでなくちゃね。

おとなしめのブログデザインの中で
異様に目立っている体、なのが
若干、気になります。。



おとといの川崎との試合は、
まさかの0-4大敗。。

こたえましたね。。

ケンゴ上手すぎです。。


名古屋、まずはパスミス無くさないと
やばいですねぇ、、

瑞穂、行きたいです。






 

cmiyagawa at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月15日

古巣相手に恩返しも闘スタイル

20041128-DSC_0160

2004年冬。

闘莉王が浦和に移籍してきた年。
最終戦は、古巣広島が相手。

すでに消化試合となっていた
このホーム最終節は、
次のシーズンこそ初優勝をと、
夢と期待に満ちあふれた、
すばらしい一日だった。

最終節って、こんなにステキなんだ、と
えらく感動したのを覚えている。


この日も闘莉王は、
古巣相手に体を張り、
ゴールを決めた。

そして、いつものあいさつ。
広島サポータのところに行き、
深く深くおじぎをした。



スタジアムでサッカーを観ていると、
TV放映では映し出されないような
シーンに出会える。

それを見るのが好きで
スタジアムに行っている、
と思えるほど好きだ。


闘は、いろんなところに挨拶にいく。
オシム、ペドロビッチ、オリベイラ
ピクシー、おかちゃん、、
数えだしたらきりがない...


そして古巣のゴール裏には
かならずあいさつ。

闘スタイルだね。
そんな闘がすきだ。





cmiyagawa at 11:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

「もうここに戻ることはない」と去っていった闘のかけらをさがして

DSC_0760


昨年の12月。

鹿島に、この埼スタで
優勝トロフィーを掲げられ

さよならも云えずに
去っていった闘莉王と一緒に
わたしも浦和を去ってしまった。



熱いサッカーファンは言う。
最初に好きになったチームは
死ぬまで応援するものだ、と。

でもそれは果たせなかった。


去年、生まれて初めて
シーズンチケットで浦和を観た。
たぶんこれが最後になるだろうと。

同じ席で、同じおとなりさんで、
同じ見え方で、1シーズン応援する。
あの、あこがれのシーズンチケット。


いつかまた、
浦和をずっとずっと見続ける日が
来るのだろうか。 

あの浦和の躍動感は
どこに行ってしまったんだろう。
熱いサッカーをする浦和が観たい。

最後の一分、30秒まで
応援してしまうチーム。
それがサッカーチームだろ?



ギドが去り、
次の新監督に戦術を叩き込まれたら
世界チャンピオンも夢じゃない。

日本の浦和が、
世界一強いサッカーチームになれる。
浦和を愛する人の誰もがそう感じた。

それがこの始末。。

オシムが倒れたことも拍車をかけた。



保身だけじゃなく、
選手のことをよく考え
優勝を目指す熱い監督。

選手もひとりの人間として
扱ってくれる社長。


募集中(笑)

 

cmiyagawa at 11:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月14日

ああ、闘莉王、来てくれたんだね。お別れもできないままだったもの

20100321-_DSC4077

浦和に勝った。

是が非でも
勝たなければならなかった試合。

どんなことがあっても
負けられない戦い。



あぁ、これほどまでに
ワクワクするJリーグの試合は、
もう一年以上経験してない気さえしてしまう。

闘がゴールを決めたときの歓びは
ハンパじゃなかった。

でもまだ終わりじゃないぞ、と。

慎重に、手堅く、でも大胆に、
つつがなく、意表をついて、
決めるときは死ぬ気でいかないと、
ゴールなんて掴めない。

そんな思いを馳せながら
それがサッカーの醍醐味だと。



追いつかれ、
逆転し、もう一点と願い、
それが現実になったとき、

あの、聞き慣れた
浦和のゴール裏の
熱いサポータたちの声が聞こえた。

最後のさいごの一秒まで
あきらめない、あきらめらるハズもない
そんな心を持ったものが、
そんな心で見守る魂を救済するのだけれど..。



3-1名古屋リードで、
試合終了5分前になって
ようやく、、

ああ、わたしは、つい先日まで、
あと5分を最後まであきらめずに信じて、

浦和の勝利を信じて、
最後の一秒まであきらめずに
ずっとずっと見届けていた 
その一人だったんだ。



それを痛いほど感じた。

今となっては、
それも夢の夢だ。



試合終了のホイッスルが鳴る。
終わった。浦和にはどうしたって
何がなんたって、
勝たなくちゃいけない試合だった。

でも。なんて複雑な気持ち。

予想を上回るこの違和感が。



そのとき、
闘とアレックスが
浦和サポータのいるゴール裏に
あいさつに行く姿が映し出された。

「ああ、闘莉王、来てくれたんだね。。。。」


そのとき私は、一瞬、
浦和のファンに戻った。 




cmiyagawa at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月09日

Va com Deus, Tulio ! ロスタイムの逆転ゴール!至福と歓喜の瞬間

20100321-_DSC4020

ロスタイムの逆転ゴール

至福と歓喜の瞬間。


闘莉王がゴールを決めると
毎回、今日この瞬間がいちばん幸せ

って思うけど、

今日ほどそう思った日はない(うん、たぶん:)



アレックスがらみ、ってのもうれしい。

まいちゃん、夢に見た、、
アレ→闘=逆転勝利!です。


*アレ(三都主アレサンドロ)も闘も
浦和からの移籍組



Parabens, obrigado.


次は豊田で浦和だね。

来たね、ようやく

満を持して。 


Va com Deus !

cmiyagawa at 01:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)