白日夢 橙日夢テストですーFB用にアップしてみたI&Dのロゴ

2012年06月14日

長台詞を決め込んだ悪夢

_DSC9236


あれは誰かの引っ越しか
それとも何かのメンテナンスだったか

みんなお金なんか持ってないから
何かあると寄り集まった


誰かん家のタンスに登って
数人でひっぱたりたたいたり
ちょいと面倒な作業をしていたときのこと

オレはひどくいらついていたのか
それともそんな質だったのか
今となっては記憶をたどったところで
所詮ウソっぽくなるので避けておくが

センパイを前にどうしたらこうも
口がまわるのか、というほど
いや、今まで生きて来た中で
最も口達者になったがごとくの
ホレボレするような言い回しで
悪態をついた

しかも長台詞を決め込んだ


口を動かしている間のオレときたら
まるで操り人形のごとく
それが何を意味するのか
どう影響するのかなど
考える余地もなかった

いや、それまで、その瞬間まで
波紋なるものを想像したこともなかった


ふと我に返ると
心の底から想っているあの子が
いままで経験したことのない
ずっとしまいこんだままでいい
そう思えるようなあの子への想い

その子を前に
人生最大の悪態をついてしまった

しかも。その子に指摘されるまで
それに気づかない私の愚かさよ。

「あの。しゃべるのやめてもらえますか?」


なんてことをしたんだオレ
どうして見境無しにこんなこと

でも、こんなオレだから
きっと今じゃなくても
いつかしでかしただろう
そしてオレの素性があからさまになって
まっこうから嫌われるんだ

もうおしまいだ





光の向こうに
オレンジ色のドレスを着た
美しい女の子たちがいた

夢か。


醒めた今でも
あれは夢じゃなかったんじゃないか
そう思えて仕方ない

それはもう昔のこと。





トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
白日夢 橙日夢テストですーFB用にアップしてみたI&Dのロゴ