あの日食べた麺の名前さえ僕らはまだ知らないサナダムシくんTシャツ、いらんかねー?

2011年06月08日

あの日食べた麺の名前さえ僕らはまだ知らない-2

DSC_1923

としちゃんは横浜に来ると
数日で帰ったり
時には数ヶ月いることもあった

でっかいアーミーバッグを肩に担いで

「辞めてやったっ!」

と大声で入ってきた


お金に余裕があるときは
としちゃんのオゴリで中華街に行った

500円のランチで11時ごろから
夕方までずいぶんと粘ったものだ

ジャスミンティーのポットに
ずっとお湯を足してくれた
お店の人は嫌な顔ひとつしなかった


中華街はわたしにとって
最も近い安堵の土地
小さい頃からずいぶんと
親切にしてもらった

ちょっと変わっていたからって
誰も気にする人はいなかった




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
あの日食べた麺の名前さえ僕らはまだ知らないサナダムシくんTシャツ、いらんかねー?